HOME 協会のご案内 組織図 会員名簿 事業計画 協会の活動報告
協会の活動報告
HOME > 協会の活動報告 > 平成19年度 協会の活動報告

平成19年度 協会の活動報告
石見銀山ボランティア活動【2007年11月2日】

  2007年7月に世界遺産登録された石見銀山の、周辺アクセス道路・歩道の草刈及びガードレール清掃活動を、協会員18社36名が参加して行いました。
清掃活動に先立ち交流センターにて、石見銀山史料館館長の仲野氏による石見銀山の歴史についての講演を聞いた後、出発式を行い、それぞれ5班に分かれて清掃活動を行いました。


 
 

「島根県犯罪のない安全で安心なまちづくり旬間」の開始式
平成19年10月11日(木)午前9:30より、県庁前にて「島根県犯罪のない安全で安心なまちづくり旬間」(10月11日〜10月20日)の開始式が抜けるような秋晴れのもと、溝口知事をはじめ多数の加盟団体、幼稚園児が参加し、県警の音楽隊を先頭に盛大に行われた。当舗装協会も加盟団体として多数の協会員が協会の「こども110番」ののぼり旗を先頭にパレードに参加した。


 
 

建設業各団体と松江市議会松政クラブとの意見交換会
平成19年10月3日(水)、建設業各団体と松江市議会松政クラブとの意見交換会が松江市役所にて行われた。
島根県舗装協会も参加し、午前10時から11時まで1時間、討議をおこなった。
事前に、議会に舗装工事の分離発注やインターロッキングブロックを舗装工事として発注してもらいたい等の要望書を提出し、それに基づいて活発な意見交換を行い、舗装業界を代表して様々な要望を市議会に直接訴えることができた。
このように業界の意見を行政サイドが直接吸い上げて、今後に生かそうという姿勢が伺え、大変有意義な意見交換会であった。

平成19年度 第2回技術講習会(雲南県土整備事務所主催)

  平成19年9月27日(木)に雲南県土整備事務所主催で、平成19年度第2回技術講習会が雲南市合同庁舎において開催された。
雲南県土整備事務所から当協会に舗装工事に関する技術講習の依頼を受け、雲南県土整備事務所職員及び管内市町職員を対象とした技術講習会に、当協会技術委員会副委員長の大野氏が講師として多数の参加者を前に、パワーポイントを使用して「舗装工事維持修繕及び今後の維持工事の展望」という題目で講演を行った。
講演後、講演内容を記録したCDを参加者に無料で配布した。

島根県土木部より講師を招いての出前講座(第2回)

  2007年6月29日(金) 島根県舗装協会に於いて

島根県より見継技術管理課統括技術専門監、川西技術管理課公共事業調整監の両講師をお招きし、当協会の技術委員会を対象にした総合評価方式及び工事成績評定についての研修会を行った。
当日は、各会員の技術委員約40名が出席して、総合評価方式及び工事成績評定の評価のポイント等、活発に質疑応答が行われた。

島根県土木部より講師を招いての出前講座

  2007年5月21日 舗装協会に於いて

島根県より技術管理課長、建設産業対策室主幹、両講師をお招きし、この6月より導入される郵便入札制度及び総合評価入札方式についての研修会を行った。
当日は、協会正副会長をはじめ、会員約30名が出席して新入札制度に関しての疑問点及び注意点など、活発に質疑応答が行われた。


ページの先頭に戻る

お問い合わせ 個人情報の取扱いについて Copyright (C) Association of General Corporate Judicial Person Shimane Pavement. All Rights Reserved.